名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】テニス肘の原因と治る為に必要なこと【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区にある、かさまき接骨院です。

かさまき接骨院では、色々な症状の患者様が来院されます。

特に「関節痛」に対しては、専門的な施術で早期回復を目指すプログラムで対応しています。

今日は、日常の診療でよく遭遇する「テニス肘」についてお話しします。

テニス肘って何?

いわゆる「テニス肘」とは、正式名称を「上腕骨外側上顆炎」といいます。上腕とは、二の腕のことで、外側上顆、とは肘の外側の部分を指します。

よくテニス選手やテニスの愛好家などが痛め易いことからこの名前になっています。

しかし、主に中年以降の女性においては、日常生活においての「使い過ぎ」による発症も多くみられます。

痛める理由としては、主に「腕の筋肉の使い過ぎ」が原因となる、といわれています。

前腕部分にある、手の甲側から肘の外側に付く筋肉、「長橈側手根伸筋」「短橈側手根伸筋」という筋肉が主に原因となります。この筋肉が使い過ぎにより硬くなることで、肘の外側の部分の腱が引っ張られ、傷むことで炎症を起こし痛みが発生します。(詳しい機序は不明とされています。しかし、症状からこの様に判断するのが妥当です)

これらの筋肉は手首を伸展(伸ばす動き)をする筋肉です。また、把握動作(物を指で掴む)時に働きます。

なので、「雑巾しぼり」や鞄の持ちてを持つ、など、日常生活で頻繁に行う動作で痛みを感じやすいです。そして、「テニス」は最も痛める動作に該当します。

「テニス肘」になった方は、「こんなことで痛むのか」とよくおっしゃいます。

それ位日常生活に支障をもたらすのです。

テニス肘の治療方法は?

テニス肘の方を施術する場合、当院で最も気を付けているのは、

「筋肉をストレッチし過ぎない」ということです

引っ張る力(牽引力)が傷める原因の一つですから、それを施術で再現したら余計痛めます。

なので、原因となる筋肉を「引っ張らずに緩める」ことが重要です。かさまき接骨院では、

「筋膜リリース」という手技を使用します。これは、ソフトな手技で筋肉の表層にある「筋膜」を緩め、筋肉の動きを改善していくものです。これにより筋肉の動きを正常化し、スムーズに筋力が発揮することが出来ます。

また、痛めている「肘の外側」の腱の治りを早めていくことも重要です。

それに対しては、「超音波治療器」を使用します。この機械は、プロ野球選手も使用する機器で、超音波が患部の深部まで浸透し、痛めた組織の修復や回復、炎症の抑制が期待できます。

手技と機械施術を上手く織り交ぜることで、最短での回復を目指します。

 テニス肘を早く治す為に日常生活で気を付けること

テニス肘(肘の外側が痛い)の場合は、日常生活でその部分に負荷を掛けないことが重要です。一番気を付けないといけないことは、「手首を上に向ける動作」をしないことです。

手首を上に向ける動作をすると、肘の外側に付く筋肉が一番収縮します。すると、前述のように筋肉を介して痛めた部位に、「牽引力」が加わります。

なので、なるべく日常生活で該当する「手の甲」側の筋肉を使わない方が良いのです。

しかし、現実的には全く使わないのは不可能でしょう。

「なるべく」使わない、使ったとしても負担の少ない状況を作ることが重要です。

例えば、鞄を持つ動作。この場合、ついつい持ち手の部分を鷲掴みにして上から持つのが普通の持ち方です。しかし、その動作では持ち上げる際に「手首を上に向ける動作」になってしまいます。この場合は、手の平を上に向けた状態で「すくい上げる」ように持ち上げる方が肘には優しい動作になります。

この様に、日常生活でよく使う筋肉だからこその、細かい対応が必要となります。

しっかり対策すれば、負担は減りますし、日常生活で痛みを感じる機会も減るはずです。

かさまき接骨院では、細かい動きにもこだわり、一つひとつ対策をお伝えします。

サポーター・テーピングを使用する

「テニス肘」には、専用のサポーターが存在します。

かさまき接骨院では、スポーツ用のサポーターから日常生活で使えるサポーターまで取り揃えてありますので、痛みの強い場合はこれを使います。サポーターは筋肉の「牽引力」を弱めるよう設計されており、肘の少し下(前腕部)に巻いて使います。スポーツ競技者の方はこちらがお勧めです。

症状が軽度~中程度の方は、当院では「テーピング」を使用します。

これは固定する効果はないですが、問題となる筋肉に貼り付けることで、筋肉の動きをサポートし、肘の関節への負担を減らします。一般の方はこれで十分に効果を体感できるはずです。

これらを手技、機械施術と併用して負担を徹底的に減らしていきます。

テニス肘かな?と思ったら専門家へ!

これらの症状を見て、「テニス肘かな?」と思ったら、すぐに専門家へ見せることが、早期回復への早道となります。辛い症状は、放っておいては、悪化してしまいます。

かさまき接骨院には、早期回復の為の専門プログラムがあります。

肘の痛みでお悩みの方は、ご相談下さい。

 

かさまき接骨院公式サイト

 

 

 

 

 

 

2017年05月13日