名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】産後のダイエットに重要なもの【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区かさまき接骨院です。

かさまき接骨院では、産後骨盤矯正を通して、産後のママの身体を整える重要性を伝えています。産後は、中々自分の時間を取れず、どうしても自分の体は後回しになりがちです。

しかし、産後の身体環境は、大変不安定で、デリケートです。

その状態で育児や家事の負担は大きくなります。その為、産後に腰痛や肩の関節痛を訴える肩は大勢いらっしゃいます。

また、今特にニーズが高まっているのは、「産後ダイエット」です

最近は、雑誌やテレビの影響で、昔よりも産後の体型キープに対して、皆様関心があるようです。もちろん、産後だからといって、自分の身体に無関心なのは運動不足やケア不足に繋がりますので、問題があります。

しかし、産後のダイエットも、やる時期や方法を間違えると逆効果や関節にダメージを与えることもあると思っています。

今日は、かさまき接骨院から「正しい産後ダイエットの方法」をご提案したいと思います。

産後の身体の状況はどうなっている?

産後は身体環境が不安定になります。身体に出産は大変な変化をもたらします。そこに妊娠期間中はどうしても筋力を使う機会が減りますので、筋力は弱っているのが通常です。

特に変化があるのは、骨盤周囲です。

出産時は、骨盤がホルモンの影響で開いて出産します。出産後は、時間を掛けて緩んだ(開いた)骨盤が徐々に閉じていきます。

しかし、その開いた状態の不安定な骨盤で「育児」に対応していくことになります。

育児には、「前かがみ」「中腰」がつきものです。体を屈めたり、授乳で「横座り」などを繰り返すうちに、まだ完全に締まってない骨盤に負担が大きく掛かります。それにより産後腰痛が出たり、骨盤が痛む、といった症状が多くでます。

このような不安定な骨盤の状態で、産後ダイエットをするのは方法を間違えるとリスクが大きくなると当院では考えています。

産後ダイエットはいつからがベスト?

かさまき接骨院では、産後ダイエットに関しては明確に「いつからOK」とは言いません。

その方の身体の状況が違うからです。しかし、いわゆる「ウォーキング」などの有酸素運動の効果的な方法や、上半身のストレッチ運動や軽いエクササイズは2~3カ月の方にお教えしています。

しかし、産後ダイエットの対象となる部分は「お腹・下腹」が主な対象となると思います。その為、「それよりお腹に効く筋トレを教えて」と言われるケースもあります。

お腹・下腹を戻そうとして、骨盤周囲が不安定にも関わらず腹筋運動を繰り返している方が多いのですが、これによって腰痛に繋がる方も大勢いらっしゃいました。

「筋力トレーニング」を行って筋力をつけるのには、いくつか条件が必要です。

まずは、腹筋に関しては、「骨盤」の状態が安定しているか、が重要です。

骨盤周囲が緩み、開いた関節がしっかり安定してきたタイミングでやることで腰痛のリスクは減りますし、効果も高いと考えています。

骨盤の動きを正常にして、周囲の筋肉の動きを良くしてからでも遅くはないです。

筋肉は、いつでもつきます!焦らず、体の状態を専門家にチェックしてもらってからでも全く遅くないと思います。正しいタイミングで正常な身体で効果的な方法で行うのが、結果的に一番の近道になる、と説明しています。

産後ダイエットの前にやるべきこと!

上記の様に、産後ダイエットを行う前に、まずは身体の状況を整えることが必要だと当院では考えています。かさまき接骨院では、「産後骨盤矯正」として産後の身体の状況をトータルサポートしています。かさまき接骨院で推奨している産後ダイエットの順番としては、

①産後骨盤矯正で身体の状況をチェックし整えながら、②有酸素運動等で運動する身体への準備③マンツーマンで軽いエクササイズ(体幹)で筋肉を刺激④自宅で徐々に回数を増やしていく④ご希望があれば更に負荷の強い「筋力トレーニング」(簡単な、器具のいらない)を行う、という順番で徐々に運動できる身体にしていきます。

もちろん、産後骨盤矯正で骨盤の位置が整ったり、締まったりすることで、血流が良くなり代謝UPし、結果的にダイエット効果が高まった、骨盤が元の位置関係に収まることで見た目的に下腹が引っ込んだ、などの嬉しいお言葉を頂くこともあります。

しかし、永続的にスタイルやプロポーションを維持するには自分の筋力が一番効果的です。

かさまき接骨院では、ご希望の方に「産後ダイエットの効果的な方法」をお教えします

もちろん、運動の苦手な方や、産後の腰痛や関節痛解消が目的な方などには、エクササイズや筋力トレーニングをマンツーマンで行うことはしません

ご希望の方には、余すことなくお教えしますので、問診時や施術中にご相談下さい!

 

★詳しくは→産後骨盤矯正

 

 

 

2017年04月27日