名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】野球肘の治療・予防【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区にある、かさまき接骨院です。

今日は、wBCの初戦ですね!ということで、、、

野球肘の治療と予防について書きたいと思います。

野球肘とは?

野球肘は、その多くがジュニア(小中学生~高校生)に発生する、野球の投球動作が原因で起こる「投球障害」の内、肘に起こる障害のことを指します。

主に内側の関節部に起こることが多く、外側、後ろ側に起こることもあります。投球時に肘関節に痛みを伴い、投球動作に大きく影響を与えます。そして、徐々に痛みが増すことが多く、慢性化しやすいのが特徴です。重症化していくと、骨折(裂離骨折)や、神経障害を伴うこともあります。

これが原因で野球をあきらめた野球少年、高校球児も多くいます。

野球肘はなぜ起こる?

野球肘になってしまう原因は様々あります。

かさまき接骨院では大きく3つに分けて考えています。

①投げすぎ、使い過ぎ ②投球フォームの乱れ ③筋力・柔軟性の不足

①の投げすぎが一番の原因になります。投球数が増えればそれだけ肘関節を酷使することになり、関節は過剰な負担となり、徐々に炎症が起こります。

②投球フォームが乱れる・正しく使えていないと、肘の負担は倍増します。

③肘周囲、肩周囲、体幹の筋力が弱いと関節の負担は増えていきます。

簡単に書くとこの様に、「肘の負担を減らす」ことに治療の重点を置きます。

野球肘の治療方法は?

かさまき接骨院の野球肘治療で重点を置くのは、

①まずは「炎症」を抑え込み、痛みを和らげる

②肘周囲を中心に柔軟性を獲得していく

③全身の筋力を整え、バランスの良い身体にする

④投球フォームの見直し

を順番に行っていきます。野球肘になるということは、簡単にいうと「投げすぎ」が一番の原因です。まずは、投球数を減らす、症状によっては、投球禁止とします。

スポーツの使い過ぎの怪我は、休息に勝る治療は初期の段階ではありません。

練習を休みづらい、監督にどう説明していいのか解らない方には、

①当院で撮影した「エコー検査」の肘画像説明書

②当院から指導者の方への現状説明書

をお渡しします。

エコー検査の重要性「超音波観察装置」

野球肘に対して、近年理解が深まってきたので、少年野球チームでは、

定期的に「エコー検査」を行う所が増えてきています。

野球肘では、初期の発見が一番重要になってきます。画像で確認すると、症状はなくても

「なりかけている」状態にある子が非常に多いのです。

かさまき接骨院では、最新の「超音波観察装置」を導入しています。

一人でも野球肘で苦しむ子を減らしたい、そう願っています。

 

かさまき接骨院のスポーツ治療

かさまき接骨院公式サイト

 

 

2017年03月7日