名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】骨盤を安定させる3つのもの【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区かさまき接骨院です。

かさまき接骨院では身体の不調を解決する為に、骨盤を安定して使える身体になる、を目標に施術を行っています。

骨盤は体の土台となる部分であり、骨盤の位置関係が崩れると身体に様々な問題が起こる可能性があります。

骨盤を安定して使用する為に3つの重要なことを書きたいと思います。

腰、背筋、臀部の柔軟性が重要です!

骨盤には、たくさんの筋肉がついています。

その筋肉が異常に硬くなると、骨盤がその方向に引っ張られ、いわゆる「歪む」状態となりやすくなります。

骨盤の位置を正しい「安定」した位置に収める為には、骨盤に付く主要な筋肉の柔軟性が大切になります。かさまき接骨院では、「関節ストレッチ」「筋肉調整」を用いて柔軟性を高めていきます。

また、セルフストレッチでは、腰を左右に上げ下げしたり、前後に動かす、回すことで「可動域」を作り、柔軟に動かす訓練法があります。これも一緒にご指導します。

股関節の柔軟性が重要です!

股関節は、骨盤と脚を繋ぐ関節です。股関節を動かす主要な筋肉は骨盤に付着しており、股関節を柔軟にすることで骨盤に掛かる負担を取り除くことが期待できます。

お尻の筋肉をストレッチするのは基本となります。

しかし、意外と知られていないのは、「太もも」前側の筋肉(大腿四頭筋)を伸ばすことです。この筋肉は、骨盤のお腹側に付着しており、硬くなりすぎると骨盤が前に倒れすぎ、骨盤が「前傾」状態となります。この状態は、いわゆる「反り腰」の原因となり、腰痛の遠因となります。

立った状態で膝を折り曲げ、足首をしっかり持って、足の甲をお尻に引き付けることでしっかり伸ばすことが出来ます。

簡単ですが、毎日続けることが重要です!

腹筋・背筋をつけることが重要です!

腹筋・背筋をバランスよくつけることで、骨盤の安定性が高まります。

骨盤周囲を柔軟にし、良い位置にしたとしても、それを日常生活で維持する為の筋力がなければいずれは戻ることになってしまいます。

しっかり維持する為に骨盤の為の運動を継続して行うことが重要です。

かさまき接骨院では「骨盤体操」としてプログラム化してありますので、継続しやすい簡単な内容で高い効果を実現していきます。

自己判断で腹筋運動をやると、腰に負担を掛け、腰痛の原因となることがあります。

必ず専門家の判断を参考にして、正しいやり方で継続して行いましょう。

かさまき接骨院では骨盤矯正でこの一連の内容を行います。

詳しくは 骨盤矯正

 

2017年03月28日