名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】肩こり解消に大事なこと:その①【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区かさまき接骨院です。

かさまき接骨院では、「肩こり」について専門的な施術を行っています。

肩こりは、慢性的に悩む人の多い代表的な症状です。その為、「どうせ治らない」など諦めている方が大勢みえると思います。

かさまき接骨院では、「肩こり」を根本改善する為に本気で取り組んでいます。

長期間肩こりの状態が続くと、頭痛や五十肩などに症状が悪化する恐れもあります。

今日は、「肩こり」をどの様にしたら症状軽減できるのかについてお話ししたいと思います。

肩がこる!原因は・・・

肩こりの原因として最も注目しなければいけないのは、「姿勢」である、と考えています。

いわゆる「猫背」状態になると、顎が前に突き出すような姿勢となり、頭の重さを支える為に過剰に肩周囲の筋力を使うこととなります。また、肩甲骨は外側に引っ張られ、肩甲骨を支える筋肉も過剰な働きをしなければなりません。

その様な場合が続くと、肩周囲の筋肉は疲労し、血流の低下を起こします。

それが色々な過程を経て、「痛み」「ダルさ」を感じる様になってしまうのです。

その為、姿勢を正しくすることで、筋肉の過剰使用の状態が緩和され、正しい筋力を発揮できるようになり、肩こりが徐々に解消されていきます。

かさまき接骨院では「姿勢矯正」「骨盤矯正」として姿勢の改善に取り組んでいます。

肩甲骨の可動域が重要です!

肩甲骨に付着する筋肉は、最終的に首や肩の関節に付く筋肉が多く、繋がりを持って動きます。その為、肩甲骨の動きが硬い=首や肩の関節の動きが悪い=肩こり症状という図式になることが多いのです。

肩甲骨周囲の筋肉を緩めることで、結果的に首の重さ・ダルさや肩の動きの改善に繋がることが期待できます。また、肩こり症状のある方は、肩甲骨の内側の痛みを自体を訴える方もたくさんみえますので、これを改善する為にも「肩甲骨の可動域訓練」が重要になります。

かさまき接骨院では、ストレッチはもちろん、一つ一つの筋肉を狙った「運動療法」で肩甲骨の動きの改善に取り組んでいきます。

また、自宅で出来る簡単な可動域訓練を継続して行うことで慢性的な肩こりからの改善を目指していきます。

肩周囲の筋力トレーニングが重要です!

肩周囲の筋肉には腕や頭の重さを支える重要な役目があります。

これには、相応の筋力が要求されます。

特に女性のおいては、運動不足による筋力不足が多く、肩こり症状のある方にはその傾向が顕著です。その為、肩こりを予防・改善するには「肩の筋力」を上げる必要があります。

また、トレーニングやエクササイズをすることで、筋肉が収縮し、血流の増加や可動域の拡大も期待できます。

しかし、継続するのが難しいのが難点です。

かさまき接骨院では、簡単な運動で継続しやすい目安回数をご指導致しますので、自己流の運動よりは継続しやすい環境作りを目指します。

次回は、具体的な運動をご紹介します!

 

かさまき接骨院の「肩こり専門施術

 

 

2017年04月1日