名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】ゴルフで起こる怪我に注意!【かさまき接骨院】

こんにちは。名古屋市西区かさまき接骨院です。

今日は、シーズン真っただ中の「ゴルフ」について書きたいと思います。

当院では、ゴルフの愛好家の皆様が大勢いらっしゃいます。

ゴルフは一見、怪我の少ないスポーツに見えますが、意外と身体に無理の掛かる場合があり、様々な痛みを誘発しやすいスポーツです。では、どのような怪我がおおいのでしょうか。

ゴルフでの怪我で代表的なもの

よく接骨院でゴルフでの怪我で受診されるのが、「ゴルフ肘」といわれているものです。

ゴルフ肘とは、肘の内側の関節部分に炎症を起こし、肘の曲げ伸ばしや手首を曲げた時などに肘の内側に痛みが走るものです。

ゴルフは、クラブを握る際に、一般的な構え方だと手のひらを上に向けます。

スイングの際、強くクラブを握り、上から振り下ろす為、肘の内側に強い衝撃が加わります。その際、手のひら側の前腕の内側に付く筋肉が強く収縮します。その筋肉は肘の内側に付着しているので、強く収縮するのを繰り返すうちに、その付着部分で炎症を起こすのです。

特に私の(院長)印象では、右打ちの方の場合、右肘を痛め易い傾向にあると思います。

また、その他にも「腰痛」や「肩の痛み」「手首の痛み」などが多い傾向にあるでしょう。

身体の準備、出来ていますか?

一般的にゴルフのラウンドをする際は、朝早い場合が多いと思います。

急いでゴルフ場に車を走らせ、着いたら急いで着替え、ろくに準備運動をすることもなく、さあスタート、みたいなことも多々あるでしょう。

そうなると、身体の準備状況は当然出来てないこととなるでしょう。

なるべく早く着き、軽い準備体操、もっと時間があれば練習場で軽く打ち込むのが身体の為にはお勧めです。特に怪我をしやすい「手首」「肘」「腰」などはしっかり動かし、ウォーミングUPをしっかり行うことをお勧めします。

そして、ベストなのは「ラウンドする前日、または普段からケアをする」ことです。

ゴルフは、意外に身体に負担の多いスポーツです!ケアが重要です!

普段から、ゴルフで怪我の多い部分をしっかりストレッチ等で動かし、可動域を確保することで、怪我や関節痛は防ぐことが出来ます。

これは、セルフケアが一番重要ですが、専門家に専門的に関節を動かして貰いコンディションを整えることが最も効率的となります。

スコアUPにもコンディションが重要です!

ゴルフは、もちろんですが「スポーツ」です。しかし、意外とその感覚が軽視されていることが気になっていました。その位、ゴルフで怪我や痛みを抱えてしまう方が多いのです。

かさまき接骨院では、ゴルフによる怪我・痛みを専門的な施術で解決します。

ゴルフ特有の症状に対しても、数多くの症例を元に最短での回復を目指します。

また、「成績向上」にも普段からのコンディショニングが重要です

関節の動きを滑らかにしたり、特に「股関節」の可動域を拡げることにより、スイングは確実に変わります。ゴルフ動作に特化した施術で対応しますので、お任せ下さい。

「ゴルフの怪我・痛み・ゴルフ専門整体」

 

2017年05月29日