名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

痛みの本当の原因は?【腰痛】編

こんにちは!名古屋市西区にある、かさまき接骨院です。

今日は、「痛みの本当の原因」を、かさまき接骨院ではこう導きだす、ということを症例を交えながら書きたいと思います。

腰痛とは?  名古屋市西区かさまき接骨院

腰痛といえども、椎間板ヘルニアや腰椎圧迫骨折、内科系疾患による腰痛など、種類や分類はたくさん存在します。しかし・・・

腰痛の8割は、画像検査など医学的検査をしても原因が解らないことが多いのです。このような腰痛を「非特異的腰痛」と呼ぶことがあります。

要するに、診断を下すには根拠となる原因がみつからないことが多い、ということです。

しかし、これはあくまで画像上の所見がない、とのことを表すだけで、痛みそのものは存在しているので、症状から判断し、「腰痛症」などと呼ばれます。

かさまき接骨院にはこのように「腰痛症」の方が多く来院されます。その多くは、痛みに長年悩んでいたり、放置して「上手くお付き合い」してきた方が多いのです。

隠された腰痛の原因  名古屋市西区かさまき接骨院

慢性的に腰痛に悩まされている方の場合、多くは「これをしたから痛めた」という原因が曖昧、又は全くない方が大半です。

この様な場合は、丁寧な問診、全身の関節の動きの検査、必要があればエコー検査で筋肉の状態を診ながら判断していきます。

腰痛は、関節だけの問題だけではなく、筋肉・靭帯、日常生活での些細な動きの癖、姿勢まで含め、トータルで見る必要があります。

症例・男性 48歳 腰痛歴10年

お仕事はデスクワーク中心の方でした。もともと腰痛持ちで、病院にも通院歴がありますが、特に異常なし、とのことでした。最近座っていても痛い、と症状が悪化した為、HPを見て来院しました。

まず、問診で詳しく日常生活を聞きます。すると、問題点が2つ見つかりました。

①趣味のテニスを月1度、丸一日やる。その他に運動はしない。

②寝る前に自己流のストレッチをやる。

まず、①は、一見運動をやるのは良い事だと思われますが、月1回の激しい運動は負荷が高すぎ逆効果となります。これに関しては、間の週に軽い散歩や運動、体操をお教えし、継続して身体を動かすことを提案しました。

②は、自己流で腰を反ったり前屈を繰り返すこれも負荷の高いものでした。正しく優しく筋肉を伸ばす股関節ストレッチをご指導しました。

その後は身体の問題点です。大きく2つにまとめると、

①股関節が硬い ②姿勢が悪い(猫背)であることがわかりました。

骨盤の位置も姿勢が悪いお蔭で傾いている状況で、これでは座っていて圧が高まると痛みが出やすくなります。このような状況をまず丁寧にお伝えし、ご理解を頂けました

そして、施術です。主に3つのことを目指します。

①骨盤の位置を正す②股関節を柔軟にする③姿勢を戻す

①→骨盤矯正で位置関係を正していきますhttp://kasamaki-jt.com/menu/kotubankyousei/

②→主にお尻の筋肉を柔軟にします。

③→肩甲骨や胸の筋肉を柔らかくしますhttp://kasamaki-jt.com/menu/siseikyousei/

これに「肩甲骨ストレッチ」と「骨盤体操」を2カ月、そして通院を6回(2カ月)で腰痛が完全に消失しました。その後は月2回ペースでの通院を半年続けている最中です。

この様に、画像上問題ないものでも、改善する所を導き出し、しっかりと対処すれば問題を解決つることができます。

 

 

当院の腰痛ページ http://kasamaki-jt.com/menu/youtu/

 

2017年02月22日