名古屋市西区の接骨院 | 腰痛、膝痛治療なら、かさまき接骨院へ!

【名古屋市西区】ハイボルテージ治療を行っています!【かさまき接骨院】

こんばんは。名古屋市西区にある、かさまき接骨院です。

かさまき接骨院では、様々な「治療機器」を使用した先進的な施術を行っています。

もちろん、手技(矯正・ストレッチ・筋膜リリース等)がメインとなりますが、症状によっては機器を使用した施術を行います。

当院で機器施術でメインで使用する機器は、「超音波治療機器」「ハイボルテージ治療機器」です.これらは、症状によっては「早期回復」に非常に有用との実感を持っています。

それぞれの特徴を簡単に書きます。

(左がハイボルテージ右が超音波です)

 超音波治療機器とは?

超音波治療機器とは、文字通り「音波」を使用した機器です。超音波が皮膚に浸透する際に温熱作用が発生し、筋肉を深部から温めて血流の増加が期待できます。

また、1分間に何百万回も身体の深部の組織を振動マッサージするので、患部を深部からしっかり治療することが出来ます。

近年では、即効性を求めてスポーツの現場では必須アイテムとなっています。

また、リハビリの現場でも、超音波の持つ、高い「温熱作用」「治癒促進能力」が注目され、骨折した部位の癒合促進や、捻挫後の炎症の抑制などにも幅広く使用されています。

当院では、捻挫や打撲後の腫れを抑制する目的でよく使用します。

アイシング(これも専用器具で行います)→超音波→アイシング・・・の順番で繰り返すことでその場で腫れや炎症を抑え込む目的で使用します。

また、五十肩や膝痛などにもよく使用します。これは、硬くなった関節や靭帯、筋肉に当てることによって、温熱作用で血流の増加を狙い、関節を柔軟にする目的で使います。

関節のストレッチと組み合わせることで可動域の拡大を目指します。

ハイボルテージ治療機器とは?

ハイボルテージとは、「高電圧電気刺激療法」といいます。文字通り、高電圧の電気刺激を患部に入れることによって、筋肉を収縮させ、血流の増大や痛みの緩和を目的とした機器です。

高電圧なので身体の深部まで電気刺激が到達し、今まで届かなかった深部の部位まで治療できるようになりました。

また、高電圧といっても特殊な波形なので、電気特有の「ピリピリ」した不快な皮膚への刺激が少ないのも特徴で、電気治療が苦手な方でも安心して受けることが出来ます。

これも今やスポーツの現場で高確率で使用されている機器です。

当院では、酷い肩こりや、ギックリ腰、寝違え等、「今すぐ痛みを軽減したい」時即効性を求めて使用します。これは、患者様にも大変好評で、その効果に驚かれることもあります。

当院では、電気を当てる際、マウス型の器具で院長が直接患部に照射します。時には関節を動かしながら、原因となる関節や筋肉をピンポイントで探し出し、より効果的に使用します。

2つを組み合わせた、コンビネーション治療!

これはもう、良いとこ取りの治療方法です。上記の様な2つの機器の特徴を掛け合わせて1つにします。この2つの機械は、コードで繋げることによって、超音波のプローブから電気刺激と超音波が同時に出ます。患部を超音波で温めながら、電気刺激でさらに痛みを緩和させる、ということが可能になります。

実は当院では、この使用方法が一番使います!もちろん、それぞれの良さがありますので、使い分けることもありますが、コンビネーション治療は、使用できる範囲が広いので非常に使い易い所があります。

色々な方法で、回復を目指します!

かさまき接骨院では、手技+機器治療を掛け合わせて最大の効果を狙います!

どちらか一方に偏ってはいけません。両方の良い所を掛け合わせることが私たちの腕の見せ所だと思います。

急性の痛み・中々ひかない慢性痛でお悩みの方は是非一度ご相談下さい!

 

【お知らせ】

7月15日(土)は臨時休診となります。7月17日(月)祝日は午前のみ診療致します。

 

★LINEで簡単予約&お問い合わせ!★

画面下にある「友達追加ボタン」・QRコードを読み込んで「友達追加」して下さい!

 

 

 

 

 

2017年07月13日